キングコング西野亮廣「大吉先生は、ほんまかっこいい」

2021.3.27 21:15

『水都大阪川開き』のトークショーに登壇したキングコング西野亮廣

(写真5枚)

大阪の春の恒例行事『水都大阪川開き』が、3月27日「八軒屋浜」(大阪市中央区)で開催。お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が登壇し、オープニングセレモニーとトークショーで会場を盛り上げた。

現在、著書『えんとつ町のプペル』の映画が大ヒット中の西野。トークショーでは、絵本を書き始めたきっかけをはじめ、自身の取組みを応援してくれた先輩芸人たちのエピソードを赤裸々に披露した。

過去に絵本の制作費を募るためにおこなったクラウドファンディングについて、「当時は浸透してなくて、『詐欺師のやること』って認識やった。だから僕に関わるなんて、タレントさんやとマイナスイメージになるんです」と告白。そんななか、博多華丸・大吉の大吉が一番高価だった30万円で『オリジナルで絵を描きます』という企画に支援してくれたそう。

「当時、大吉先生も今ほど売れてたわけじゃないのに、ありがたいなと思って直接お礼しに行ったときに、理由を聞くと、『西野くんの絵が30万円で買えるなんて今しかないから、お買い得な買い物だから』って言うんです! そのとき、お買い得になるようにせなあかんな!って僕もスイッチ入って。あの人ほんまかっこいいんですよ」と語った。

また、将来の展望について訊ねられ、「北極で個展がしたい!」と会場が驚く返答も。「ひとりくらいは来ると思うんですよ、変な人が。そしたら多分SNSとかに上げてくれて拡散していくでしょ」とワクワクしている様子だった。

取材・写真/野村真帆

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本