奨励賞候補のアインシュタイン「今回こそは獲りたい」

2021.3.27 08:30

奨励賞にノミネートされた5組。(左上から時計回りに、アインシュタイン、祇園、プラス・マイナス、見取り図、ミキ)

(写真2枚)

上方演芸界でもっとも長い歴史をもつ漫才コンテスト『上方漫才大賞』が4月10日、カンテレ・ラジオ大阪で生放送されることが決定。お笑いコンビ・アインシュタインが意気込みを見せた。

大賞、奨励賞、新人賞からなる同大会。大賞は事前の審査で決定しているが、奨励賞・新人賞はノミネートされた漫才師が当日の舞台で競い、決定となる。奨励賞には、アインシュタイン、ミキ、見取り図など5組が、新人賞には、からし蓮根、コウテイ、ラニーノーズなど7組がノミネートされた。

なかでもアインシュタインは、2018、19年と奨励賞にノミネートされるも結果はふるわず。2020年は奨励賞・新人賞の選考が取りやめになるなど、苦杯をなめた。

闘志を燃やす河井は、「過去何度かノミネートしていただいたのに無理だった。毎回帰り道がすっごいつらいので、今回こそは獲りたいと思います!」と意気込む。『上方漫才大賞』は4月10日・昼3時から放送される(関西ローカル)。

奨励賞ノミネート:アインシュタイン、祇園、プラス・マイナス、ミキ、見取り図 新人賞ノミネート:エンペラー、風穴あけるズ、カベポスター、からし蓮根、コウテイ、ネイビーズアフロ、ラニーノーズ(どちらも五十音順)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本