京都に予約制コーヒーラウンジ、スイーツとのコース仕立て

2021.3.20 10:15

まろやかな口当たりが印象的な「NEL」のコーヒーと、抹茶寒天クリームぜんざい。熱伝導が良く殺菌効果のある「すず」の器で供される。コーヒー豆は2種からセレクト

(写真9枚)

桜の名所・南禅寺からすぐ、「ブルーボトルコーヒー京都カフェ」(京都市左京区)が、敷地内の「はなれ」の2階をリノベーション。3月20日より予約制ラウンジとしてオープンする。

オープン以来、場所柄もあって2〜3時間待ちもあるほど人気の同店。「人目を気にすることなく、ゆっくりお過ごしいただきたい」という思いから計画したラウンジは、物販スペース「はなれ」の2階に「The Lounge -Kyoto-(ザ ラウンジ キョウト)」という名で新設された

約10畳の空間にテーブルとカウンターを7席設け、90分の時間制でブルーボトルコーヒー初のコーススタイル「コーヒーコース -3種のコーヒーと季節のデザート-」(3850円)を提供。選りすぐりのコーヒー豆が3種の異なる抽出方法と飲み方で、スイーツとのマリアージュを楽しめる。

まず、コーヒーを含む2種の炭酸割りから選んで味わう「FIZZ(フィズ)」からスタート。布のフィルター・ネルを使う「ネルドリップ」の「NEL」、コーヒー豆に水を1滴ずつ浸透させて約8時間ドリップする「ウォータードリップ」の「OJI」とともに、それぞれに合う季節のスイーツが登場する。

どちらも喫茶店のマスターが手間をかけて淹れる贅沢な1杯を彷彿とさせる味わいで、日本の喫茶店文化をルーツとする同ブランドならではの趣向だ。「京都店はブルーボトルコーヒーのフラッグシップです。これからもコーヒーのさまざまな可能性に挑戦しながら、お客さまに新しい味わいをお届けしたい」とスタッフ。

予約は公式サイトにて(当日空き枠がある場合は電話も)。2カ月先まで予約可能で、キャンセルは前日夕方6時まで。営業時間は朝9時~夕方6時。

取材・文・写真/中河桃子

「The Lounge -Kyoto-」

2021年3月20日(土)オープン
住所:京都市左京区南禅寺草川町64 ブルーボトルコーヒー京都カフェ はなれ2F
営業:9:00~18:00
電話:075-746-4453

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本