関西初の24時間「無人餃子店」、驚きの販売方法とは?

2021.3.21 17:15

JR六甲道駅から徒歩5分、サッと買いに来る人が多い様子

(写真6枚)

大阪府内を中心にラーメン店を展開する「大阪ふくちぁんらーめん」(本社:大阪府大東市)が2月27日、無人で餃子を販売する「ふくちぁん餃子」を神戸・六甲道にオープン。関西初となる無人餃子販売が好評を得ている。

今年創業45周年を迎える同店。「節目となる年だからこそ、お客さまに感謝の気持ちを表したい」と、ラーメンと同じく力を入れて商品開発した餃子をお得に販売できるよう、無人の餃子直売店を始めることにしたという。

人件費がかからないため、1パック36個入りで1000円(税込)の価格を実現。これまでにない「餃子の無人販売」という店構えに戸惑いを見せる人も多いようだが、利用方法はとてもシンプルだ。

店内の冷凍庫に入った餃子を欲しい数だけ手に取り、台で自ら袋詰め。そして、支払い用の「料金箱」にお金を入れて購入完了と、わずか3ステップで買い物が完了する。お釣りが出ない点がネックだが、1パックちょうど1000円と支払いやすい価格設定なので利用しやすい。

また、1パック2個までなら保冷剤も無料、保冷バッグも1枚100円で販売されているので、ちょっとしたお土産や持ち歩きが少し長くなるときでも気軽に利用できる。

監視カメラはあるとはいえども、レジを通さない自己申告制と人の良心を信じた販売スタイルに、「悪いことする人おるんちゃうの?」との心配もあるが、今のところ勝手に持ち帰る人もおらず。最近では、事前登録した上で入店といったシステムも多いが、野菜の路上販売のようなアナログなシステムがうまくいっているそうだ。

同社の担当者は、「年配のお客さまも多く、なるべくシンプルに分かりやすくしたかったので、このように料金箱方式にしています。みなさま、きちんと買い物していってくれるのでありがたい。このご時世なので、だれとも接触しないのも魅力だと思います。24時間開いているので、好きな時間に気軽に利用して欲しい」と話す。

「ふくちぁん餃子」は、六甲道店のほか3月13日には大阪・東三国店もオープン。今後も順次店舗を増やしていく予定だという。場所はJR六甲道駅から徒歩約5分。

取材・写真/野村真帆

「ふくちぁん餃子 六甲道店」

住所:神戸市灘区森後町2-3-15 グランティア六甲山手1F
営業:24時間・無休

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本