東方神起、大阪で日本デビュー15周年を記念した企画展

2021.3.20 07:45

過去会場での様子

(写真6枚)

2020年4月27日に日本デビュー15周年を迎えた韓国の人気デュオ・東方神起。それを記念した展示会『TOHOSHINKI 15th ANNIVERSARY MUSEUM “XVision”』が、3月20日から大阪・心斎橋で開催される。

2020年11月に東京でスタートし、福岡、愛知、大阪、北海道の順で全国行脚している同展。会場では、2017年のツアー『Big in Again』から2019年のツアー『XV』までに実際に使用された2人の衣装や歴代ライブTシャツ、さらにステージや転換映像で使用していたセット(一部)が展示される。

過去会場での様子

そのほか、限定映像やビジュアル、さらに京都芸術大学出身の現代美術家・笹田靖人とのコラボレーション作品など、ここでしか見ることのできない貴重な展示の数々を楽しむことができ、ファン必見の内容となっている。

展示会は完全事前予約制(各回前日23時59分まで)。入場料金は2000円で、オリジナルクリアファイル(2種類のうちランダム1種)付き。さらに、持ち帰りできる動画コンテンツもあるので、家に帰ってからも楽しみたい。期間は4月8日まで、「心斎橋オーパ きれい館」(大阪市中央区)にて。

『TOHOSHINKI MUSEUM“XV”ision』

期間:2021年3月20日(土)~4月8日(木)
会場:心斎橋オーパ きれい館(大阪市中央区西心斎橋1-9-2)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本