石井杏奈、初のアクションで「毎日筋肉痛と闘った」

2021.2.20 20:30

主人公の幼なじみで生徒会長の門脇松子(石井杏奈)(C)「ガールガンレディ」製作委員会・MBS/BSP

(写真11枚)

若手女優17名が出演する、女子高校生×ガンアクションがテーマで今春放送のドラマ『ガールガンレディ』(MBS)。19日にオンライン番組発表会がおこなわれ、元E-girlsで女優の石井杏奈が初のアクション作品への思いを語った。

同作は女子高生がチームに分かれ、プラモデル銃を使いながら生き残りをかけて戦う大人向け特撮ドラマ。石井が演じる生徒会長の門脇松子は、主人公・小春(白石聖)の幼なじみで抜群の頭脳と運動神経を持ち、戦況を大きく変える存在だ。

見どころについて、石井は「松子は終始クールで冷静ですが、回を重ねるごとに謎めいた本性や心が見えてくるので、そこに注目していただければ」とコメント。

友情・裏切り・仲間の死などの人間模様とともに、「日本の深夜ドラマのレベルを一気にぶち抜いたかなと思う」と瀧悠輔監督が話すアクションシーンもふんだんに盛り込まれている同作。

19日のオンライン番組発表会に出席した(左から)大原優乃、白石聖、石井杏奈

瀧監督に「バキバキに動いてもらった」と言われた石井は、「楽しかったのも苦労したのもアクションシーン。初めて本格的に指導していただき、毎日筋肉痛と闘いながら、技を練習した日々でした」と話し、「体を動かすのが好きなので、難しいけど楽しい気持ちも大きかったです」と振りかえった。

また、会見ではドラマの世界を追体験できるよう、劇中で使用されたプラモデルやキャストをデザインした限定商品が4月から順次発売されることも発表され、石井はマイ銃を手に「本当の相棒のようにずっと持っていて、どうやったらかっこよく見せられるのか日々研究していて。完成した映像を見て迫力のすごさに興奮しましたね」と笑顔を見せた。

同ドラマは4月6日より毎週火曜・深夜24時59分から放送され、TBSは深夜25時28分から放送(初回のみ25時30分から)。

取材・文/塩屋薫

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本