大阪府の新型コロナ新規陽性者、89人にまで減少

2021.2.12 21:30

大阪府庁(大阪市中央区)

(写真1枚)

大阪府は12日、新型コロナウイルスの新規陽性者を89人確認したと発表。今年初の2桁台で、陽性率も1.2%となった。

この日おこなわれた検査(PCR、抗原検査)は7196件。陽性率も1週間平均2.7%に対して、1.2%と大きく減少。1週間で半数以下に押さえ込むことに成功した(2月5日は新規陽性者207人)。

その一方、重症病床使用率は61.0%と、府が目指す60%以下にはあと一歩届かず。吉村洋文知事が毎日投稿しているSNSにも、非常事態のマークが掲げられている。

また、新たに70〜90代の男女8人に死亡を確認。累計死者数は1045人となった。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本