明日海りおや千葉雄大の深化に釘づけ、リピート続出の『ポーの一族』

2021.2.11 18:45
  • いばらで心を閉ざしていたエドガー(明日海りお)は、アランの存在によって解き放たれ、新たな地平へと旅立つ。撮影:岸隆子(Studio Elenish)
  • 生意気だけど手を差し伸べたくなる愛嬌と儚さがある、絶妙なバランスのアランを生み出した千葉雄大。撮影:岸隆子(Studio Elenish)
  • 病気の母レイチェル(純矢ちとせ)を診察するクリフォード(中村橋之助)に反発的なアラン(千葉)。執事(松之木天辺)の静かな存在感など脇まで演技が光る。撮影:岸隆子(Studio Elenish)
  • バンパネラとして人知れず生きるポーの一族の「覚悟」のようなものが、迫力のメロディとともに押し迫ってくるプロローグ。撮影:岸隆子(Studio Elenish)
  • いばらで心を閉ざしていたエドガー(明日海りお)は、アランの存在によって解き放たれ、新たな地平へと旅立つ。撮影:岸隆子(Studio Elenish)
  • 生意気だけど手を差し伸べたくなる愛嬌と儚さがある、絶妙なバランスのアランを生み出した千葉雄大。撮影:岸隆子(Studio Elenish)
  • 病気の母レイチェル(純矢ちとせ)を診察するクリフォード(中村橋之助)に反発的なアラン(千葉)。執事(松之木天辺)の静かな存在感など脇まで演技が光る。撮影:岸隆子(Studio Elenish)
  • バンパネラとして人知れず生きるポーの一族の「覚悟」のようなものが、迫力のメロディとともに押し迫ってくるプロローグ。撮影:岸隆子(Studio Elenish)
(写真4枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本