マヂラブ、新ネタをダウンタウンに披露するも「漫才じゃない」

2021.2.4 08:45

マヂカルラブリー(左から野田クリスタル、村上)(c)ytv

(写真3枚)

『ダウンタウンDX』(読売テレビ)の2月4日放送回に、マヂカルラブリー、おいでやすこが、見取り図、吉住、3時のヒロインが登場し、ネタ作りの裏側などをトークする。

過去最多5081組が参加する激戦のなか、『M−1グランプリ2020』で見事頂点に立ったマヂカルラブリー。決勝でも披露した床を転げまわるような野田クリスタルの自由なボケに、相方の村上がひたすらツッコむスタイルが特徴だ。

そんな彼らのネタ作りは、野田クリスタルがまず体を動かし、相方の村上が笑ったら本採用というカタチをとるという。また台本に一切残さないため、昔のネタは覚えていないとか。スタジオではマヂカルラブリーが新ネタを披露するも、それを見たダウンタウンは「これは漫才じゃないです」と笑う。

その後、浜田が「M−1優勝後、待遇は変わった?」と聞くと、2人はテレビ出演が月3本から31本に急増したことを報告。移動もグリーン車になったことにより、車内でこれまで会わなかった芸能人と遭遇するようになったと喜ぶ。

また、野田クリスタルが『R−1』優勝後に引っ越した家賃15万円のマンションを紹介。対して、村上は『M−1』優勝後も家賃3万8000円のアパートで生活しており、「水道は水しか出ないので、冬場は厳しいんです」とコンビで対照的な生活を明かす。この模様は2月4日・夜10時から放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本