花組・柚香光が多彩な表情とダンスで魅了! 名作の日本初演に挑戦

2021.2.3 20:58

初めての恋に混乱するボーイッシュなビリー(左・華)、マイペースの天然系お坊ちゃまのジミー(柚香)、2人の恋の行く末にドキドキハラハラ

(写真6枚)

2月2日より「梅田芸術劇場メインホール」(大阪市北区)で上演中の宝塚歌劇団花組公演「ブロードウェイ・ミュージカル『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』」。トップスター・柚香 光(ゆずかれい)が水を得た魚のように鮮やかなダンスを披露し、困り顔にホロ酔い顔・・・さまざまな表情を見せてプレイボーイのジミーを好演している。

禁酒法時代のニューヨークを舞台に、ガーシュウィン兄弟の名曲で綴るコメディ。2012年にブロードウェイで初演、トニー賞10部門にノミネートされた名作を、原田諒の潤色・演出で日本初演。1月19日までの東京公演を経て、いよいよ大阪に登場した。

冒頭、柚香演じるジミーは、4度目の結婚を控え独身最後の夜をもぐり酒場で楽しんでいる。このナンバーから、足先まで柔らかなステップを踏む柚香とショーガールたちとのダンスが迫力。ほかに本編はもちろん、フィナーレまでタップの大ナンバーが用意され、色鮮やかな衣装や豪華なセットを含め、心浮き立つ楽しさがあふれている。

トップ娘役・華 優希(はなゆうき)扮するビリーは、酒の密輸入を仲介するギャングで、大量の酒の隠し場所を、路上で出会ったジミー所有の豪華な別荘にしようと目星をつける。そんな2人は二転三転、大騒動に巻き込まれながら惹かれ合っていくのだが、その心の動き、流れがとても自然で、柚香と華の見事なコンビネーションが活かされていた。

妙な連帯感で結ばれていくクッキー役の瀬戸と、ジミー役の柚香。ダンスの見せ場もたっぷり

口八丁の密売人ながらスマートな執事に違和感なく変身するクッキー役の瀬戸かずや、恋愛に奥手な愛嬌あるデューク役の飛龍(ひりゅう)つかさ、タフなショーガールのジェニー役としてナンバーでも大活躍の音 くり寿(おとくりす)ら、個性豊かな役をキャストが熱演、最後まで驚きの展開が続く。

男役ながら初の女性役に挑戦した永久輝(とわき)せあは、婚約者・ジミーを翻弄する「自称世界一のモダンダンサー」アイリーン役。ユニークな動きや抜群の歌声で観客を釘付けにしていた。それぞれが新境地を開いた勢いもあいまって、舞台全体が弾けているような明るい同作は、心の芯まで幸せにしてくれる。

公演は2月9日まで。なお、2月6日16時半公演にて映画館でのライブ・ビューイング、全編ライブ配信がおこなわれる。詳細は公式サイトへ。

取材・文・写真/小野寺亜紀

宝塚歌劇 花組梅田芸術劇場メインホール公演 ブロードウェイ・ミュージカル『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』

期間:2月2日(火)〜2月9日(火)
会場:梅田芸術劇場メインホール(大阪市北区茶屋町19-1)
料金:S席9000円、A席6000円、B席3000円
電話:06-6377-3888(梅田芸術劇場)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本