萌え断やスライスで和菓子がヒット、関西の老舗による戦略

2021.1.24 13:15
  • 「むか新」のバレンタイン限定の新作「匠の小函 ショコラ」(4個1450円・販売は2月14日まで)
  • 棹菓子を小型化した「匠の小函」。「京和楽」(300円)、「栗羊羹」(400円)など
  • 「亀屋良長」の新作「スライスようかん CACAO」(594円) 写真は使用例
  • 「茜丸」のインターネット限定で販売中の「YODORA」(5個・3500円/送料込み)
  • 「むか新」の「むらしぐれ小函」(6個・1240円)。北海道十勝の契約農場で収穫された小豆と砂糖、米粉、餅粉を混ぜ合わせて蒸しあげた郷土菓子
  • 昭和30年ごろの「むか新」店舗写真。現在は洋菓子の販売もおこなう
  • 「亀屋良長」の「スライスようかん」。上に載る上に乗せているバター羊羹は沖縄の塩を効かせ、味のアクセントに
  • 「スライスようかん」開発のきっかけは、「亀屋良長」の女将の息子2人への朝食トースト作りから生まれたという
  • 「茜丸」のインターネット限定「YODORA」(5個・3500円/送料込み)。ラズベリー・抹茶・マンゴー・あんみつ・ブルーベリーの5種入り
  • 「茜丸」のロングセラー商品「茜丸五色どらやき」。五色の甘納豆(金時豆・虎豆・うぐいす豆・白小豆・小豆)が入っている
  • 「むか新」のバレンタイン限定の新作「匠の小函 ショコラ」(4個1450円・販売は2月14日まで)
  • 棹菓子を小型化した「匠の小函」。「京和楽」(300円)、「栗羊羹」(400円)など
  • 「亀屋良長」の新作「スライスようかん CACAO」(594円)   写真は使用例
  • 「茜丸」のインターネット限定で販売中の「YODORA」(5個・3500円/送料込み)
  • 「むか新」の「むらしぐれ小函」(6個・1240円)。北海道十勝の契約農場で収穫された小豆と砂糖、米粉、餅粉を混ぜ合わせて蒸しあげた郷土菓子
  • 昭和30年ごろの「むか新」店舗写真。現在は洋菓子の販売もおこなう
  • 「亀屋良長」の「スライスようかん」。上に載る上に乗せているバター羊羹は沖縄の塩を効かせ、味のアクセントに
  • 「スライスようかん」開発のきっかけは、「亀屋良長」の女将の息子2人への朝食トースト作りから生まれたという
  • 「茜丸」のインターネット限定「YODORA」(5個・3500円/送料込み)。ラズベリー・抹茶・マンゴー・あんみつ・ブルーベリーの5種入り
  • 「茜丸」のロングセラー商品「茜丸五色どらやき」。五色の甘納豆(金時豆・虎豆・うぐいす豆・白小豆・小豆)が入っている
(写真10枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本