藤原竜也、山田裕貴に送るラインの文末に「ハートマーク」

2021.1.11 07:15

会見に登場した(左から)山田裕貴、藤原竜也、真木よう子(10日・東京都内)

(写真1枚)

俳優・藤原竜也が10日、主演するドラマ『青のSP(スクールポリス)−学校内警察・嶋田隆平−』(カンテレ・フジテレビ系)のリモート記者会見に出席。慣れないオンライン取材に戸惑いながらも意気込みを語った。

同作は、学校内警察(スクールポリス)として中学校に配属された男・嶋田隆平が、SNSトラブル、生徒の薬物疑惑、盗撮などさまざまな事件に向き合っていく学園エンタテインメント。嶋田役の藤原は、スクールポリスを題材した物語について「ドラマとして斬新で挑戦的」と、設定のおもしろさに引きつけられたという。

と、ここで藤原が「僕は誰に向かって話をしているんですか?」と画面をのぞきこむ。藤原側の画面には記者の名前などが映し出されていないようで、関係者が会見の参加人数を告げると「えっ、えっ? そんなにいるんですか?」とびっくり。「じゃあ手を振っておこう!」とチャーミングな一面をみせた。

また、記者会見に同席した共演者・山田裕貴から、「藤原さんとLINEでやり取りをすると、最後にハートマークをつけてくるんです」と明かされ、藤原は「そうそう。ビックリマークのあとに、ハートマークをつけるんだよね」と意外な素顔を口にした。

アクションシーンもふんだんに盛り込まれているという同作。藤原は「映画のアクションチームが入ってくれたので、ストーリーだけではなくアクションも観て欲しい」と見どころをアピールした。ドラマは1月12日より、毎週火曜日夜9時スタート。

取材・文/田辺ユウキ

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本