近鉄のバレンタイン、音楽がテーマのチョコで「エールを」

2021.1.9 10:15

迫力大の「ポアール」の「グランドピアノ」(3万2400円)。今回のテーマ「音楽と饗宴」にちなんだ見た目も楽しいチョコがそろう

(写真14枚)

関西の百貨店で先陣を切るバレンタイン催事『バレンタイン ショコラ コレクション 2021』が、「あべのハルカス近鉄本店」(大阪市阿倍野区)で1月19日から開催される。

今年はオンライン映えなど、見た目も楽しめるものを中心に、同店限定品や関西初登場を含む約110ブランドで展開。自分へのご褒美チョコなど、近年の客単価アップの傾向を受け、店舗での売り上げ目標は2020年度並みの約7億、さらに好評のネットショップでは前年比売り上げ1.5倍の4000万円をめざす。

カタログテーマの「音楽と饗宴」について、担当者は「コロナ禍で暗い気持ちになった時、音楽に救われた方も多いと思います。今回は美しい音楽や美味しいチョコでの感動、音色や味の深み・パワーなど、音楽とチョコの共通点を通してエールを届け、元気になってもらえれば」と話す。

音楽をモチーフにした品も充実し、ピアノ鍵盤が特徴の「湯布院 ジャズとようかん」の「ジャズ羊羹」(2646円)や、「ベルプラージュ」の円盤型「レコードチョコレート」(648円)ほか、大きなグランドピアノ型チョコにボンボンショコラが詰まった「ポアール」の「グランドピアノ」(3万2400円)など迫力大のものも。

会場では日替わりで、京都で錦糸モンブランが人気の「和栗専門 紗織」をはじめイートイン限定スイーツ(各日先着100名・要整理券)や、「レオニダス」など人気店を集めた「ソフトクリーム3種食べ比べチケット」(500円・限定350セット)も販売される。

また半径20km以内の住民であれば、専用アプリで注文すると当日中に配送される買い物サービス「Pick GO(ピックゴー)」がバレンタイン商品でも利用できるなど、新たな試みも実施される。催事期間は2月14日まで。

取材・文・写真/塩屋薫

『バレンタイン ショコラ コレクション 2021』

期間:2021年1月19日(火)~2月14日(日)
時間:10:00~20:00
会場:あべのハルカス近鉄本店 ウイング館9F催会場(大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43)
料金:入場無料
電話:06-6624-1111

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本