松屋のシュクメルリが復活、ジョージア臨時代理大使もウズウズ

2021.1.17 12:15

「シュクメルリ鍋定食」(790円)

(写真3枚)

牛丼チェーン「松屋」(本社:東京都武蔵野市)から、にんにく香る煮込み料理「シュクメルリ鍋定食」が1月19日より期間限定で販売される。

「世界一にんにくをおいしく食べるための料理」と称されるシュクメルリは、ガーリッククリームソースに鶏肉や野菜を加えた、ヨーロッパの国・ジョージアの煮込み料理。2020年1月に同店に初登場したときには、ジョージア臨時代理大使が来店。その模様を収めたツイートが注目を集め、話題を呼んだ。

その人気メニューが、2020年6月に実施された『第2回 松屋復刻メニュー総選挙』で1位に輝いたことから、期間限定で復活。同店こだわりの国産米と合うよう作られたソースにチーズやさつまいもを加えるなど、独自のアレンジが施されているという。

ツイッターでは、ジョージア臨時代理大使・ティムラズ・レジャバさんが「あの素晴らしい定食をもう一度。あと一週間となりました」とツイート。ほかにも、「これ食べるまでは死ねない」「今度こそ食べに行くぞ!」と、発売を待ち望む声が多く見られた。

価格は、「シュクメルリ鍋定食(ライス・生野菜・みそ汁付)」が790円、「シュクメルリライスセット(ライス・みそ汁付)」が730円。1月19日・朝10時より一部店舗を除く全国の「松屋」で販売される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本