コロナ禍三冠の福永祐一騎手「想像もできなかった」

2020.12.30 23:15

2020年の騎乗を振り返る(左)福永騎手(右)松山騎手

(写真2枚)

麒麟・川島と千鳥・ノブが、競馬についてひたすら喋り続ける『川島&ノブ夢ウダ馬なし2020 W三冠ジョッキー登場!今年の競馬界を総ざらいSP』(関西テレビ)の収録がおこなわれ、3冠ジョッキーとしては最年長となった福永祐一騎手が登場、その戦いを振り返った。

コロナ禍で無観客競馬が続いた異例の年となるなか、日本競馬界では初となる、女王アーモンドアイの(GI)9冠制覇や、牡馬牝馬ダブル3冠を達成するなど記録ラッシュとなった。

福永騎手は名馬ディープインパクトを父に持つ牡馬・コントレイルの手綱を取ると、「皐月賞」、「日本ダービー」、「菊花賞」のいわゆるレース「3冠」を(デビュー戦以来)無敗で制覇、史上3頭目の偉業を成し遂げた。

福永騎手は「三冠獲るなんて想像も出来ない1年でした」とコメント、「コロナ禍で反響を感じることが出来なかった。ワグネリアンで勝った日本ダービー(2018年)とは違った」とし、「こういう状況下ですが不思議なほどスターホースが出てきて、楽しんでいただけるレースと馬たちが今競馬界にはいますので、引き続きみなさんに熱中してもらえるレースを」と、2021年に向けた意気込みを語った。

この模様は、12月30日・夜11時50分から関西テレビで放送される。

関西テレビ『川島&ノブ夢ウダ馬なし2020 W三冠ジョッキー登場!今年の競馬界を総ざらいSP』

放送:12月30日・夜111時50分〜

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本