京の工芸・截金(きりかね)の魅力伝えた江里佐代子の仕事展

2020.12.30 07:15

《截金彩色盒子》(小) 2007年 江里佐代子 写真:山崎兼慈

(写真6枚)

「截金(きりかね)」という工芸をご存じだろうか。截金師で人間国宝(重要無形文化財保持者)だった江里佐代子(1945~2007)の仕事を紹介する展覧会が、「美術館「えき」KYOTO」(京都市下京区)で1月2日からおこなわれる。

截金とは、金箔、銀箔などの箔を数枚重ねて細長く切ったものを、筆と接着剤で貼ることにより文様を作り出す技法。仏像や仏画を荘厳なものにするために発展し、現代ではさまざまな工芸品に用いられる。

江里佐代子は伝統的な京刺繍の老舗に生まれ、仏師・江里康慧と結婚した。その後、截金技法が途絶えることを危惧していた江里家の意向を汲んで截金を学び、康慧とともに仏像を制作する。また、工芸品への応用や公共施設の壁面装飾、スクリーンなど大規模な仕事も手掛け、截金の新たな可能性も追求した。

彼女は2007年に惜しくも急逝したが、その技術や精神は娘の截金師・朋子や工房の職人が引き継ぎ、現在にいたる。本展では佐代子の作品を中心に、康慧、朋子、工房の職人らの作品も合わせて紹介。截金技法の存在を多くの人に知ってもらい、後世に伝える機会とする。期間は1月24日まで、料金は一般900円。

文/小吹隆文(美術ライター)

『京の至宝Ⅱ 江里佐代子 截金の世界 -宙の輝きを康慧・朋子とともに-』

期間:2021年1月2日(土)~24日(日)※会期中無休
時間:10:00~19:30 ※入館は19:00まで、1/2(土)のみ9:30開館(百貨店の営業時間により、変更になる場合あり)
会場:美術館「えき」KYOTO(京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 ジェイアール京都伊勢丹7F)
料金:一般900円、大高生700円、中小生500円
電話:075-352-1111(大代表)
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、入館の際マスク着用・検温・消毒をお願いしています

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本