3COINSに「ごはんもん」登場、白飯のお供など89種

2020.12.23 12:15

3COINSで販売される「ごはんもん」シリーズ

(写真2枚)

おうち時間が増えるなか、300円均一の雑貨店「3COINS」(本社:大阪市中央区)の60店舗限定で12月21日から、ご飯に合うおかずをセレクトした「ごはんもん」シリーズが販売されている。

こだわりが詰まったオリジナル商品をお手頃な価格で買えると、学生や主婦から絶大な支持を得ている「3COINS」。雑貨商品に加え、「もっと幸せを届けたい」との思いから、今回食品の取り扱いをスタート。第1弾はバイヤーが全国の美味しいものを600種以上食べくらべ、厳選した89種のおかずや調味料が販売される。

「日本産でお米に合う」商品がセレクトされ、瓶詰では、餃子をそのまま食べているような感覚になるという「ご飯にかけるギョーザ」(500円)ほか、ごぼう・とうがらし味の「おかずみそ」(各500円)などが登場。

また、京都・天橋立のほたるいかやししゃもの缶詰(600円~)、長崎・五島の鯛で出汁をとったレトルトカレー(150円~)などのご当地グルメにも注目だ。

ほかにも、社内試食会で燻製の深いコクが大人気だったという「くんせいナッツドレッシング」(450円)、爽やかな味わいが野菜と合う「広島れもん鍋のもと」(400円)など、アレンジ料理でも活用できそうな調味料類など、幅広いラインアップとなっている。価格はいずれも税別。

商品の取り扱いは、全国の「3COINS+plus」「colle」「ASOKO+3COINS」の60店舗限定。

文/塩屋薫

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本