『鬼滅の刃』を京都でリアルに体感、あのSLも登場!?

2020.11.19 14:03

2頭身姿の竈門炭治郎、煉獄杏寿郎。(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

(写真8枚)

TVアニメ『鬼滅の刃』とのコラボイベント『鬼滅の刃 京ノ御仕事 弐』が、京都の「東映太秦映画村」「京都鉄道博物館」「嵐電」で12月26日から同時開催される。

2019年に8月〜10月に開催され、ファンから注目を集めたイベント『鬼滅の刃 京ノ御仕事』。今回はその第2弾となり、前回同様に「東映太秦映画村」は劇中再現セットや場面写真などを展示し、「嵐電」はオリジナルコラボ電車を走行する。

新たに会場として加わるのは「京都鉄道博物館」。映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』を彷彿とさせるSLスチーム号があり、実際にその世界感を味わえるようなイベントが登場するという。

描きおろしとして京都らしさを満喫する、竈門炭治郎と妹の禰豆子、我妻善逸、素顔の嘴平伊之助、映画でも重要な位置を占める煉獄杏寿郎が等身大のイラストに。また柱を含む17人のミニキャラが登場予定。これらが描かれたコラボグッズは、前回の時点でも人気だったが、今回はそれ以上となることが予想される。

ほかにも各所でコラボフードが展開されるほか、各所を巡って楽しむキーワードラリーも予定。期間は2021年3月14日まで、詳細は今後公式サイトにて発表される。

『鬼滅の刃 京ノ御仕事 弐』

期間:2020年12月26日(土)〜2021年3月14日(日)

「東映太秦映画村」
会場:京都市右京区太秦東蜂岡町10 
料金:大人2400円、中高生1400円、3歳以上1200円
※1/18〜22休
電話:0570-064349

「京都鉄道博物館」
会場:京都市下京区観喜寺町
料金:一般1200円 、大学生・高校生1000円、中学生・小学生500円、幼児(3歳以上)200円
※水曜休(祝日の場合は開館)・年末年始休

「嵐電」
会場:四条大宮駅、嵐山駅

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本