USJクリスマス開幕、ツリー無しでも今年ならではの楽しみ

2020.11.13 09:15

ソーシャルディスタンスを保って一緒にダンスを踊るショー『ハッピー・クリスマス・ストレート・パーティ』

(写真9枚)

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(大阪市此花区)で冬のスペシャルプログラムが11月13日からスタート。コロナ禍の今年ならではのクリスマスを提案している。

毎年、プロジェクションマッピングを使ったナイトショーなどで人気を集めている同パークのクリスマスイベント。特に、高さと電球の数で毎年ギネス世界記録を更新していた巨大ツリーに定評があり、多くの人がその美しさと壮大さに魅了されてきた。

しかし、今年は新型コロナウイルスの影響を鑑み、密を避けるべくツリーの設置とナイトショーの上演は見送られ、これまでとは違う形でクリスマスシーズンの営業がおこなわれることに。

大阪市内から訪れた30代女性は、「毎年見ていた巨大なクリスマスツリーがなくて少し寂しいです。来年は巨大なクリスマスツリーを気兼ねなく見られるといいなと思う。でも今年は今年らしいクリスマスを楽しめたら」と、来年への期待を話す。

オープニングセレモニーとショーの様子

今回は「今年イチバン、笑おうッ!」をコンセプトに、頑張ってきた1年の締め括りとして楽しめるように企画。初登場となる「ハッピー・クリスマス・ストリート・パーティ」などショーをはじめ、クリスマス衣装をまとったキャラクターたちによるグリーティングがおこなわれる。

そのほか、パーク内のキャストに「ハッピークリスマス」と声をかけるともらえる「マスクステッカー」5種類も登場。マスクに直接貼ってデコレーションすることができる。冬のスペシャルプログラムは、12月27日まで開催予定。

取材・写真/野村真帆

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本