伝説の宝塚宙組ショー、大空ゆうひと凰稀かなめが解説

2020.11.9 17:15

中央が大空ゆうひ(当時は大空祐飛)、右が凰稀かなめ。(C)宝塚歌劇団 (C)宝塚クリエイティブアーツ

(写真2枚)

2011年に宝塚歌劇団宙組で上演されたショー『NICE GUY!!』が、12月26日に、当時の宙組トップスター・大空ゆうひ(大空祐飛)、2番手男役スターだった凰稀かなめの副音声解説付きでWOWOWにて放送される。

WOWOW『宝塚への招待』では、これまでも宝塚の卒業生が当時の舞台を振りかえる解説付き番組を度々放送してきたが、9年のブランクを経てのスペシャル番組は異例だろう。卒業後も女優として幅広く活躍してきた大空と凰稀が、男役当時の自分たちを観て何を語るのか、注目が集まっている。

『NICE GUY!!』は、大空ゆうひの頭文字を絡めた「その男、Yによる法則」という副題が付いた男の美学を追求するショー。スーツにソフト帽スタイルで、抜け感ある振付の群舞をみせるプロローグから男役の格好よさが炸裂。2019年には同じく宙組の真風涼帆主演の全国ツアーでも再演された。

大空は名作『カサブランカ』の舞台化を成功させるなど、大人のダンディズムが漂う包容力ある男役像を確立したが、『NICE GUY!!』ではそんな大空にぴったりのジャズの男から、ピンクの衣裳に身を包む明るいアイドルの場面まで用意されている。

さらに当時、大空が初めてユニセックスな役に挑戦したと語っていた真紅の館の場面は、凰稀との妖艶な絡みが話題に。ここの2人の裏話は聞き逃せないだろう。最近はフィナーレではトップコンビのデュエットダンスが定番だが、同作では大空、トップ娘役・野々すみ花、凰稀のトリオでの躍動感溢れるダンスとなっているのもおもしろい。

この作品のあと、組替えを経て星組トップスターとなった北翔海莉の艶やかな歌声、長身揃いの宙組男役たちが客席になだれこみ観客に熱いアピールをする場面、深いスリットのはいったドレスも見事に着こなす宙組娘役たちの優雅さなど、どこをとってもスタイリッシュなショーは、初めて宝塚を観る人も虜にするはず。放送は17時半から。

文/小野寺亜紀

WOWOW 宝塚への招待 宙組『NICE GUY!!』―大空ゆうひ×凰稀かなめ 副音声解説付―

放送日:2020年12月26日(土)17:30~

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本