夜の京セラ美術館を満喫…1日限りのアートイベント、音楽も

2020.10.2 17:15

老若男女の市民デザイナーが「Open My Color」をテーマに考案したカラーリングが、髙橋匡太によりアレンジされ建物に映し出される

(写真5枚)

「京都市京セラ美術館」(京都市左京区)でアートイベント『ナイト・ウィズ・アート2020』が、10月3日に開催される。

同イベントは通常18時までの開館時間が23時まで延長され、夜間にアートを楽しめるというもの。開催中の展覧会に加え、当日限定のライトアップや、特別ライブなどが開催される。

アーティスト・鈴木康広の、全長25メートルの巨大な作品「空気の人」をはじめ、さまざまな作品が展示されるほか、京都出身のアーティスト・高橋匡太による光と映像を巧みに駆使したライトアップなども実施されるという。

ほかにも、NHKで放送されたアニメ『映像研には手を出すな!』の音楽を手掛けたミュージシャン・オオルタイチと、アコーディオンとコントラバスの音楽ユニット・mama!milk、京都市交響楽団のスペシャルセッションなど、当日しか観ることのできないプログラムが目白押しだ。

展覧会やイベントなどは予約制で人数を制限して開催されるほか、入り口での検温や手指消毒液の設置など衛生対策を講じた上での開催となる。予約や開催時間などの詳細は公式サイトにて。

『ナイト・ウィズ・アート2020』

日時:2020年10月3日(土)
住所:京都市京セラ美術館(京都市左京区岡崎円勝寺町124)
時間:10:00〜23:00(作品や公演により異なる)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本