NMB48と浜田で東京巡り、予想外のなにわスポットに困惑

2020.9.26 20:15

オフィス街・日本橋にあるツタで有名な『聖地』に訪れたNMB48の3人と浜田雅功(写真提供:MBS)

(写真6枚)

ダウンタウンの浜田雅功と相方、スタッフが、五分五分の立場でロケをおこなう『ごぶごぶ』(MBS)。前回に引き続き、相方としてなにわを代表するアイドルグループ・NMB48から渋谷凪咲、小嶋花梨、南羽諒が登場する。

番組恒例のかまぼこ板を使って、東京で売れても「大阪愛」を忘れないために、東京でも大阪を感じられるなにわスポットを巡ることとなった4人。

後半戦では『聖地』『師匠』とかまぼこ板を引き、続いて出たのは『浜ちゃん』。浜田は「これがようわからんねん・・・」と、自分の名前が書かれたかまぼこ板に不安を抱きながら次へ向かう。目的地である銀座のテイクアウトグルメ店に到着すると、浜田は突然立ち止まり「ここか・・・」と、この店にどこか親しみを感じている様子。

NMB48の3人も、店に飾られている「浜田が北新地のとある店でごぶごぶのロケをしている写真」を見つけ、その意味を理解。「儲かってますか?」と誇らしげに尋ねる浜田に対し、店主は「ほんま浜田さんのおかげです!」とお礼を言う。ごぶごぶファンならピンと来るであろう、「浜田」や「この番組」と関係が深い店が登場する。

そのほか、移動中のバスでは渋谷と南がそれぞれ特技を披露。渋谷の特技「昭和歌謡イントロクイズ」では、24歳渋谷 VS 57歳浜田で、世代を超えた大熱戦を繰り広げる。この模様は9月29日・23時56分から放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本