関西小劇場界が起死回生のフェス開催、無料配信する理由とは

2020.8.26 21:15

『ターニングポイントフェス~関西小劇場演劇祭~』実行委員。左から「万博設計」の代表・橋本匡市、「リリパットアーミーII」のわかぎゑふ、「ゲキゲキ/劇団『劇団』」の主宰・古川剛充、同劇団脚本の小西透太(8月25日・大阪市内)

(写真7枚)

劇団など関西で活動する18団体が参加する演劇フェスが9月に初開催。その模様が無料でライブ配信されることが、8月25日の記者会見で発表された。

コロナ禍で打撃を受けたエンタメ業界だが、「自粛期間が明けても、関西小劇場界は厳しい状況が続いている」と実行委員の古川剛充さん。

「横のつながりを活かしたお祭りをすることで、活動の再開と、発展へのターニングポイントにできればと思いました」と、開催の動機を語る。

さまざまなジャンルや世代の劇団などが集まり上演されるが、開催にあたり会場ではコロナ対策を施した上で、客席は定員の4分の1に。そんな万全の感染防止体制を整えるにもかかわらず、採算度外視で無料配信の実施を決めたという。

古川さんは、「僕自身、演劇を初めて知って『こんなに良いものなら、もっと前から観てたのに』と思ったひとり。一度観れば『面白い』と思ってもらえる世界だから、そのファーストステップになれば」と説明。

「無料でいろんな動画が観られる時代に、有料にすることで敷居が高くなるのは防ぎたい。ちょっと観て、そのなかのひとりでも『劇場に行ってみたい』と思ってくれたら」と、その狙いと希望を語った。

会期は9月19日・20日の2日間。18劇団を4つのブロックに分け、各ブロックで4~5劇団が、20分以内の作品を上演する。

参加するのは、関西小劇場界の礎を築いた「南河内万歳一座」(Bブロック)や、『OMS戯曲賞』大賞受賞作家の福谷圭祐が主宰する「匿名劇壇」(Dブロック)などの人気劇団、さらに高校演劇界から「演劇部希望」(Aブロック)も。

内容もコントからギリシャ悲劇、ミュージカルから人形劇までと多種多様で、ユニークな顔ぶれだ。

会場となる「ABCホール」(大阪市福島区)での観覧は1ブロック3000円で、チケットは現在発売中。新型コロナウイルス感染対策のため、各ブロックとも75席に限定する。

イベント『ターニングポイントフェス~関西小劇場演劇祭~』の無料動画配信の詳細は後日公式サイトにて発表。

取材・文/吉永美和子

『ターニングポイントフェス~関西小劇場演劇祭~』

日程:2020年9月19日(土)・20日(日)
会場:ABCホール(大阪市福島区福島1-1-30)
料金:各ブロック3000円

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本