ハワイのマカデミアチョコがコンビニ・スイーツに変身

2020.8.25 12:15

「ハワイアンホースト」監修による、マカデミアチョコスイーツは全4種類

(写真6枚)

ハワイ定番土産チョコレートメーカー「ハワイアンホースト」が監修したチョコスイーツが、8月18日から全国のミニストップで発売。

世界で初めてマカデミアナッツチョコを作った店として知られるだけに、期待度高めで食べてみたら、どれもレベルが高い!

左から「マカデミアチョコプリン」226円、「マカデミアチョコパフェ」291円

まずは、一番気になっていた「マカデミアチョコパフェ」。チョコホイップクリームとふわっとエアリーなマカデミアムースの層の下には、こっくり濃厚でほのかにビターなベルギーチョコプリン。刻んだマカデミアナッツが香りと食感のアクセントになっている。

しゅっと溶けるような、はかない食感ながら、マカデミアナッツ風味の余韻がしっかり残る、パフェのマカデミアムース

ホイップ、ムース、プリンの層にスプーンを底までぐっと入れ、すべての層を同時に口にすると、味わいが格段にアップする。ナッツとチョコの風味が重なり合って、これはまるで新しいタイプのマカデミアナッツチョコだ! ソフトでなめらかな口当たりで、口どけのよさも印象的。

後口は予想を裏切る軽やかさ。それでいてパフェを食べたという満足感はかなりのもの。これが300円以下で買えるなんて、コンビニ・スイーツの進化に感謝するしかない。今すぐもう1個食べたい。

「マカデミアチョコプリン」226円

「マカデミアチョコプリン」は、チョコクリームソースとマカデミアチョコソースを配合したチョコプリンが層になっている。姿こそ見えないものの、食べるとナッツの存在感をしっかりと感じられる濃厚な味わい。SNSでは「とろける舌触りのチョコプリン!プリンというより生チョコ、マヂおいしぃぃ」と絶賛の声。

「マカデミアチョコシュー」140円

ふんわりとしたシュー皮にマカデミアチョコソース配合のチョコカスタードホイップを詰めた「マカデミアチョコシュー」は、一瞬で食べ終わってしまうほど食感軽やか。ホイップは最初チョコの味だけだったのが、徐々にナッツの風味が強くなるのがおもしろかった。SNSでも「甘さは控えめであっさりでした」「マカデミアの香ばしさが味わえて満足な一品」との声が。

「しあわせクレープマカデミアチョコ」194円

「しあわせクレープマカデミアチョコ」は、しっとりとしたクレープ生地でホイップクリームとマカデミアムース、マカデミアソース、チョコチップを包んだもの。クリーム多め、ムース多めなど、ひと口ごとに味わいが変化するのがいい感じ。かなり軟らかいので人前で食べるときはクリームやムースがクレープからはみ出さないようにご注意を。

どれも期待を超えるおいしさで、ハワイに行かずしてハワイアンスイーツを堪能できる。売り切れ必至は間違いない!

一部店舗を除く全国のミニストップで販売中。イートインの場合は表示の税込価格(8%適用)とは異なる。

文・写真/泡☆盛子

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本