コロナの影響で利用客が減少、近鉄特急が土日夜間を一部運休

2020.8.19 17:15

土日祝の夜間の一部路線で運休が発表された近鉄特急

(写真3枚)

新型コロナウイルスの影響に伴って「近畿日本鉄道」(本社:大阪市天王寺区)が、8月29日から土・休日夜間の特急列車の一部を運休することを発表した。

運休するのは、「京都駅」〜「近鉄奈良駅」間と「大阪阿部野橋駅」〜「吉野駅」間の2路線。それぞれ1日8本、12本の特急列車が土・休日で運休となる。

同社は、「新型コロナウイルスの影響に伴うお客さまのご利用の減少を勘案し、8月29日から当分の間、一部の特急列車を運休します。ご利用のお客さまにはご不便をおかけしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます」とコメント。

なお、急行・普通などの一般列車は通常通りの運転となり、運休する特急列車の特急券を既に購入している場合は、手数料なしで払戻しできるという。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本