小泉今日子が名曲を再録、のん出演映画の主題歌に抜擢

2020.7.29 19:15

劇場版『8日で死んだ怪獣の12日の物語』ポスタービジュアル ⓒ日本映画専門チャンネル/ロックウェルアイズ

(写真5枚)

岩井俊二監督による斎藤工主演の映画『8日で死んだ怪獣の12日の物語』が、7月31日から全国のミニシアターで順次公開。その主題歌を小泉今日子が担当する。

「コロナ禍でも最新のエンタテインメントを届けたい」と、岩井監督と斎藤に加え、武井壮と樋口真嗣監督がタッグを組み、YouTubeで配信された同作。その劇場版では、女優・のんが久しぶりの映画出演となり、ネット上では話題にもなった。

その主題歌に決定したのが、1987年の小泉の名曲『連れてってファンタァジェン』。岩井監督は、「かつて小泉今日子さんのオリジナルビデオに『Phantasien』というファンタジー作品があり、若かりし頃、いつか自分もこういう作品を作ってみたいと思ったものでした」と打ち明ける。

今回、本作のテーマ曲を考えていた際、「不意にこの曲を思い出し、これ以外にないと思ってしまいました。コロナ禍のつらい日々のなかで、ファンタジーを強く希求する自分がいて、久しぶりに聴いたこの曲は、今なお色褪せない力強さが。小泉今日子さん自身に歌っていただけることになり、本当に夢のようです」と、実現を喜ぶ。

新録は、岩井監督の音楽ユニット・ikireとのコラボ。小泉は、「コロナ禍の日々のなか、毎朝の配信を楽しみにしていた『8日で〜』がミニシアター支援のために劇場公開されることになったということで、微力ながら参加させていただきました。33年振りに歌った『連れてってファンタァジェン』。この映画が誰かの心のファンタァジェンになりますように」とコメントを寄せている。

上映が決定しているのは、7月27日時点で全国26館(東北6、関東8、中部4、近畿3、中・四国3、九州・沖縄2)。配信版は公式アカウント「岩井俊二映画祭チャンネル」で全話配信中。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本