京菓子の老舗・笹屋伊織の新カフェ、アフタヌーンティーも

2020.7.26 20:45

竹細工の台に、笹屋伊織の和菓子が彩りよくのせられて提供されるアフタヌーンティー1人前3000円(税別)※写真は2人分

(写真11枚)

江戸時代に創業し、300年以上の歴史を誇る京菓子の老舗「笹屋伊織」のカフェを備えた新店舗が、JR梅小路京都西駅前の「ホテル エミオン 京都」の1階に7月23日、オープンした。

新しい京菓子のスタイルを発信するという「笹屋伊織 別邸」では、今までの「イオリカフェ」をよりラグジュアリーに楽しめる「イオリカフェプレミアム」を併設。和のデザートだけでなく、和菓子にまつわる材料を使った食事メニューも楽しめる。たとえば、どら焼きの生地にソーセージや手亡豆のポテトサラダ風のお惣菜をはさんだ「もちどらサンド」(1000円)や、道明寺の餅米を使った「道明寺トマトリゾット」(1100円)など。

「笹屋伊織 別邸」のカフェ店内

このほか、パフェやかき氷、笹屋伊織のすべてを味わえるというアフタヌーンティー(3000円)のセットメニューなど、四季折々に楽しめるスイーツが店内でいただける。

また、同店限定販売のお菓子として登場したのは「伊織のおはぎ」。こだわりのあんこをたっぷりとのせ、スプーンですくっていただく新しいスタイルのおはぎだという。

同店女将の田丸みゆきさんは、「アフタヌーンティーは、竹細工の職人さんが丹精込めて作った台にお菓子をのせました。カフェの器は清水焼の真葛香斎さんのものを使っております。守っていきたい日本の伝統に触れて、日本っていいなぁと思ってもらえたら」と話した。営業は10時から21時(予定)。

「笹屋伊織 別邸」

2020年7月23日(祝・木)オープン
住所:京都市下京区朱雀堂ノ口町20-4 ホテルエミオン京都1F
営業:10:00〜21:00(20:30LO)※営業時間は予定
電話:075-322-8078

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本