大阪・通天閣2カ月ぶり黄色、コロナ感染状況が警戒レベルに

2020.7.13 06:15

約2カ月ぶりに黄色に点灯した通天閣(7月12日・大阪市)

(写真2枚)

大阪府内で新たに新型コロナウイルスの感染者が32人確認された7月12日。府内感染状況を知らせる「大阪モデル」が警戒レベルとなり、「通天閣」(大阪市浪速区)が黄色に点灯した。

同日夜9時半頃、通天閣のお膝元「新世界」では、20代らしき若者が、屋外のテーブル席で向かい合って大きな声でお酒を飲む姿が目立っていた。

なかには、今回のライトアップを聞きつけて駆けつけた人も。市街から車を止めて撮影していた女性は、「黄色信号が灯ったと聞いて、見に来ました」と通天閣をしばらく見つめ、「赤色にならなければいいんですが・・・」と、心配そうな表情を見せていた。

通天閣が大阪府独自の警戒基準「大阪モデル」に協力し、最初の点灯をしたのが5月11日。緊急事態宣言中の大阪府内に、「注意喚起レベル(当時)」を知らせる黄色にライトアップした。

その後、評価値が基準内となった14日には緑色に変更。約1カ月半点灯続けた後、6月30日には役目をいったん終え、消灯したばかりだった。

取材・写真/岡田由佳子

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本