大阪・百貨店のテラスで、コースで楽しむビアガーデン

2020.7.7 11:45

「阪急うめだ本店」13階にある「トラットリア アル・ポンピエーレ」

(写真3枚)

「阪急うめだ本店」(大阪市北区)の人気イタリア料理店にあるテラスで、ビアガーデンが7月8日からスタートする。例年はブッフェだが、今年はコースでの提供となる。

イタリアのヴェローナで創業した約100年もの歴史あるイタリアンの支店でもある「トラットリア アル・ポンピエーレ」。こちらの広々としたテラス席で、骨付きローストチキン(3980円)かブラックアンガス牛(4980円)を選べるコースに。

料理内容は、イタリア産生ハムとグリッシーニからスタートし、淡路産釜揚げしらすと水なすのカルパッチョなど前菜2種、パスタ「カサレッチェ プッタネスカソース」付き。ゆっくり楽しめるよう2019年の際は飲み放題90分制だったが、今年は120分制となっている(ただし滞在時間は2時間まで)。

新型コロナウイルス感染の影響で、梅田の主要なビアガーデンが一部中止となり、「密を避けられる」とテラス付きのレストランは注目を集めているため、人気となりそうだ。終了時期は未定。

「TRATTORIA AL POMPIERE(トラットリア アル・ポンピエーレ)」

住所:大阪市北区角田町8-7阪急うめだ本店13F

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本