和歌山近美の夏休み企画は、注目の若手画家・田中秀介を起用

2020.7.10 06:15

田中秀介《寸前に我なし》2020(令和2)油彩、キャンバス

(写真6枚)

「和歌山県立近代美術館」(和歌山県和歌山市)で毎年夏におこなわれる企画展『なつやすみの美術館』。夏休みに誰もが美術を楽しく体験できる展覧会として開催され、今年で10回目。「あまたの先日ひしめいて今日」と題し、和歌山出身の新鋭画家・田中秀介をゲストに迎え、7月11日よりおこなわれる。

田中秀介の作品は日常的な風景から着想し描かれている。絵のなかでは何かおかしなことが起こっているように見えるが、実際はごく日常的な風景や出来事を独自の着眼点で切り取っているのだ。物事は切り取り方次第でいかようにも見える。大事なのはあなたがそれを自覚しているか否か。そんなメッセージが聞こえてくるようだ。

田中秀介《晴れて虚勢》2019(令和元)油彩、キャンバス 個人蔵

また彼の作品はタイトルが変てこで、独特の文体で名付けられている。なかには理解に苦しむタイトルもあるが、言葉とビジュアルのギャップから想像を膨らませるのも田中作品の醍醐味である。

本展ではそうした田中秀介のものの見方に従って、彼の作品と美術館の所蔵作品が選ばれている。自分は何をどう見ているのか、そもそも見るとはどういうことか、見方によってものの捉え方も変わるのか、そんなことを考えながら鑑賞すれば、きっと新たな発見が得られるだろう。期間は、8月30日まで、料金は一般520円。

文/小吹隆文(美術ライター)

「なつやすみの美術館10 あまたの先日ひしめいて今日」

期間:2020年7月11日(土)~8月30日(日)※月曜休(8/10開館、8/11休館)  
時間:9:30~17:00 ※入場は16:30まで
会場:和歌山県立近代美術館
料金:一般520円、大学生300円、高校生以下・65歳以上は無料
※毎月第4土曜日(7月25日と8月22日は「紀陽文化財団の日」として大学生無料
電話:073-436-8690

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本