浴衣生地なのにハイテク、即完の浴衣マスクで使われる素材は

2020.6.25 07:45

若冲・雀柄の「温度調節布マスク」を装着する京都店の清野店長

(写真4枚)

メンズ着物ブランド「Y. & SONS(ワイ&サンズ)」が、浴衣生地で作った「温度調節布マスク」を開発。5月の発売以降、再入荷する度に完売する同商品が、6月27日からオンラインストアで予約販売を始める。

「熱が抜けやすい!」と快適な使い心地とその見た目が評判を呼び、人気の同商品。表には人気絵師・伊藤若冲の絵柄を写した同ブランドの代表作などの浴衣生地を、裏にはアウトラストというハイテク生地を縫い合わせている。

複合施設「新風館」(京都市中京区)にある京都店・清野正敏店長に訊ねると、「アウトラストは、真夏でも人間が快適と感じる温度に調節してくれる生地なんです」と説明。

洗って使えるさらりとしたコットン・レーヨンの生地ながら、その実力はNASAのために開発された素材と折り紙付きだ。

創業103年の老舗着物店「やまと」(本社:東京都渋谷区)が「メンズきものテーラー」をコンセプトに展開する同ブランド。

洋装を積極的に取り入れるなど、伝統と革新を融合させ、今回のマスクも着物を仕立てる和裁士さん自ら作っているという。

現在、新たな浴衣生地で追加生産。2枚入り1980円で、次回は27日・正午から公式サイトに予約販売。

「Y. & SONS 京都」

住所:京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本