大阪の新図書館「こども本の森」コロナ対策を徹底し7月に

2020.6.21 13:15

市長定例会見で発表された「こども本の森 中之島」オープン日(6月18日・大阪市役所)

(写真3枚)

新型コロナウイルス感染症の影響で開館延期となっていた図書館「こども本の森 中之島」(大阪市中央区)が7月5日にオープンすることが決定。当面は事前予約制で、1回90分の4枠、1枠に50人の入場制限で運営される。

建築家・安藤忠雄氏の申し入れによって造られた同図書館。当初3月1日に開館を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、延期されていた。

今回のオープンでは手指消毒や館内換気、密集しないようなスタッフの声掛けなど、感染拡大防止策を徹底。子どものための施設ということで、混雑が予想される土日、祝日は大人だけの予約申し込みは不可となる。

松井一郎大阪市長は6月18日の定例会見で、「本は、人生にいろいろな影響を与える。安藤先生も、僕もそう。子ども時代は柔軟性があり、なんでも吸収できる年齢。ありとあらゆる本を揃えるので、ここで子どもたちの人生が豊かになるような、感性を養える本と出合ってほしい」と語った。入館の予約受付は6月27日から、公式サイトにて。

取材・文・写真/岡田由佳子

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本