猫さんなぜそこに!?近大で起こった4時間の救出劇

2020.5.30 19:15

猫さん、なんでそんなところに?!(提供:近畿大学)

(写真14枚)

「近畿大学」(大阪府東大阪市)が5月29日、写真とともにツイートしたある投稿がタイムラインを賑わせた。なんと、近畿大学クラブセンターの南側、附属高校グラウンドの鉄柱(約10mの高さ!)に猫が登って、降りられなくなってしまっていたのだ。

「事件が起こりました」という緊迫感のあるツイートには、12.6リツイート、45.1万いいねと反応があり、「にゃんてことだ」「早くレスキューを!」と、心配する声でSNSがざわついた。

その後、無事に猫さんはレスキュー隊によって助けられ、飼い主のもとへ。その過程はすべてツイートで実況されたため、全ツイッターユーザーたちがタイムラインで救出劇を見守ったと言っても過言ではない。

「絶対に君を助ける。」(提供:近畿大学)

そんな猫さん救出事件について、その場で見守っていた近畿大学広報担当の村尾さんは、「当日午前8時頃に近所の方から『猫の鳴き声がするから見上げてみたら、鉄柱からネコが降りれなくなっている!』という通報がありました。うちの学内だったので、いつもお世話になっている業者さんに急遽来ていただくことにしました」と経緯を説明。

そのときの猫の様子は、「かなり怯えていて、いつ落ちるのかヒヤヒヤしました・・・。レスキュー隊員さんのことも怖がって噛み付いたりしたので、5分ほど落ち着かせて頭をなでられるようになってから抱きかかえて袋に入れ、救出しました」と振りかえる。

「無事、現場へ駆けつけられた、ご近所の飼い主さんのもとへ…。お名前はオラちゃんだそう。おかえりなさい、オラちゃん。」(提供:近畿大学)

救出されたのは12時頃で、合計4時間の長い救出劇。「実は、猫さんを救出できてからツイートしたんです。やっぱり悲しいことになったら嫌だったので・・・。まさか、こんなに大きい反応があると思わなくて、うれしかったですね」とのこと。ツイートするときも見る人への気遣いを忘れない、細やかな広報さんの対応だ。

猫好きが多いツイッター界隈で話題になった救出劇。一連の救出劇を見ていてほっこりしたひとも多いのではないだろうか。何はともあれ、猫さんが無事で良かった・・・。

取材・文/小田切萌

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本