京都のMK「タク配」で人気店の焼き鳥弁当を注文してみた

2020.5.21 12:15

炭火香る贅沢な焼き鳥弁当を自宅で楽しめます

(写真7枚)

「MKタクシー」(本社・京都市南区)が京都市内で展開する、飲食店の料理配達サービス「タク配」。

提携する飲食店のテイクアウト料理をタクシーで自宅まで届けてくれるという便利でセレブ気分も味わえるステキなサービスです(配達可能エリアは旧京北町を除く京都市内)。宅配料は1回わずか110円! しかもそれはお店が払ってくれるうえに、配達時のタクシー料金はMKが負担というシステムで、お客は料理代金のみの支払いでOK。ありがたすぎるではありませんか〜。

なお、宅配料110円期間は2020年5月末までの予定でしたが、好評につき、6月30日までの延長が決定しました。

2020年5月20日現在、MKタクシーの公式サイトで紹介されている提携店は35店。京料理、洋食、焼肉、寿司、うなぎ、韓国料理などと幅広いジャンルが揃っています。

そのなかに以前から一度行ってみたいと切望していたお店を発見したので、さっそく注文してみました〜。通常営業時は満席続きの人気店『炭焼 久三酉(ひさどり)』です(追記:緊急事態宣言解除で28日現在はテイクアウトを終了)。

テイクアウトメニューは、「炭焼ももとつくねのあいもり重」950円、「特製炭焼重」1200円の弁当2種類(当日注文可)、焼き鳥(前日までに要予約)があります。錦市場の鶏肉店『鳥清』から仕入れる鮮度抜群の朝挽き鶏を使用しているとのこと。欲張りな私はいろんな焼き鳥が味わえる「特製炭焼重」をオーダーしました。

◾オーダーから受け取りまでの流れ

1.「タク配」専用サイトで提携している飲食店をチェックし、注文する料理を決定。

https://www.mk-group.co.jp/takuhai/

2.客から店へ、電話やメール、インスタグラムのダイレクトメールなど(※1)で注文する。その際に住所や電話番号、大まかな配達希望時刻を伝え、支払方法(※2)を聞く。

※1注文方法は店によって異なる。

※2現金は不可。店によってはWEB注文でクレジットカードが使える場合がある。事後決済の場合はPayPay、LINEPay、d払い、auPayなどのQRコード決済のみ(『久三酉』はPayPayのみ対応)。

3.到着したらドライバーから電話連絡が入るので、受け取りに行く。ウイルス感染防止のため、ドライバーは商品に触れないのが決まり。客自身の手で保温バッグから商品を取り出す。QRコード決済の場合はこの時に用意されたコードを読み取り、決済することもある。

保温バッグの蓋はドライバーが開けてくれるのでスムーズに商品を取り出せる

あとは部屋に戻っていただくだけです。

ご覧ください、この美しい焼き目。は〜、眼福!

蓋を開けたとたんに、炭火焼きならではの香ばしさがふわ〜〜っと立ち上がります。
うう、これは家庭にはない芳しさ。せせり、もも、つくね、手羽先、ネギの炭火焼きと豪華な内容。焼き鳥の下には海苔をかぶせたご飯が敷き詰められています。

しっかりとした噛みごたえのある鶏肉は旨みが濃厚。プリッと弾むせせりに、カリリと焼けた皮もご馳走のもも、ご飯よりお酒に合わせたくなるしっかり味のつくね、骨周りの肉のおいしさを実感できる手羽先。そこに炭火の香りがプラスされるのだから、これはかなりのご馳走です! つい昼間から焼酎の緑茶割りを添えてしまったのは不可抗力といえましょう。

鶏肉とともに、自宅でお店の味を楽しめるありがたさをしかと噛みしめました。

「レストランや酒場にはまだ行けない」とできないことを嘆くよりも、「知らない店の味を自宅で楽しめる」と今できることを満喫するために、今後もこのサービスを積極的に利用したいと思います。

文・写真/泡☆盛子

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本