泉佐野市の給付金業務をLCCピーチ「官民一体で地元貢献」

2020.5.14 13:00

「関西国際空港」(大阪・泉佐野市)を拠点にする格安航空会社(LCC)の「ピーチ・アビエーション」

(写真1枚)

格安航空会社(LCC)の「ピーチ・アビエーション」(本社:大阪府泉南郡)が、「関西国際空港」のある泉佐野市から業務委託。市の「特別定額給付金」申請受付業務の一部を5月18日より請け負う。

泉佐野市とは、これまで人事交流をはじめとしたさまざまな取り組みをおこなってきた同社。今回の新型コロナウイルス感染症に関しては、医療用ガウンが不足する市内の医療機関に代用品として雨がっぱを寄贈するなど支援をおこなっている。

そんななか、「市から特別定額給付金を迅速に推進するため、受付業務の一部を担って欲しいという依頼があり、この度の業務を請け負うこととなりました」と経緯を説明。市内にある同社オフィスの会議室で申請者から返送された書類の仕分けや確認、申請書類のスキャン、データの確認など、泉佐野市職員より研修を受けたスタッフらが土日を問わず対応するという。

職種や年齢、性別を問わず、社内に広く募集をかけ、客室乗務員訓練生や間接部門などの部署から、1日約20名が作業にあたる予定。「市民のみなさまへ1日でも早く特別定額給付金を届けたいと願う泉佐野市と官民一体となった取り組みをおこなうことにより、地域経済活性化への貢献を目指します」と話す。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本