ドアを触らず感染リスク軽減、大阪の町工場が3日で開発

2020.4.30 20:00
  • ドアノブに直接触れずに済む「SNAP2020」を制作した「ケイファクトリー」の桑原裕志社長(右)と協力をおこなった「ニスコム」の杉山泰規さん。普段、バイク部品を製造している同社工場内(4月28日・大阪府八尾市)
  • SNAP2020には取扱説明書のウェブページを閲覧できるQRコードなどがレーザーで記載されている
  • SNAP2020は手で直接触れなくてもドアノブやボタンが押せるため、感染リスクを減らすことができる
  • ドアノブに直接触れずに済む「SNAP2020」を制作した「ケイファクトリー」の桑原裕志社長(右)と協力をおこなった「ニスコム」の杉山泰規さん。普段、バイク部品を製造している同社工場内(4月28日・大阪府八尾市)
  • SNAP2020には取扱説明書のウェブページを閲覧できるQRコードなどがレーザーで記載されている
  • SNAP2020は手で直接触れなくてもドアノブやボタンが押せるため、感染リスクを減らすことができる
(写真3枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本