架空映画の看板? 大阪・新世界で、休業する映画館の遊び心

2020.4.25 08:30

大阪・浪速区にある「新世界国際劇場」

(写真4枚)

新世界にある映画館「新世界国際劇場」(大阪市浪速区)がSNSで大きな話題を集めている。その理由は、新型コロナウイルスの状況をモチーフにした架空映画の絵看板が掲出されたからだ。

昭和25年にオープンした「新世界国際劇場」は、週替わりで洋画を3本立て上映する二番館として知られ、さらに「映画絵アーチスト」の八条祥治さんが手がける上映作の絵看板は新世界名物にもなっていた。

そんな同館も、新型コロナウイルスの影響により4月8日から当面休業。そこで冨岡和彦支配人は、「この期間に何かやろう」と架空映画の絵看板の制作を発案。14日に打ち合わせをして、21日に絵看板の掛けだしをおこなったという。

企画から完成までかなり早いスピード感に思えるが、冨岡支配人は「毎週の絵看板制作と変わらないです。これをずっとやってきていますから。手描きの看板だから、こういうことは自由にできますね」と涼しい声色。

ちなみに架空映画のタイトルは『フェイクニュース 暴力報道2020』『決断 戒厳の長き夜』『コロナマン 最凶ダークヒーロー爆誕』と、どれも意味深なもの。その真意について尋ねると、「タイトルは思いつきです。まあ、いろんな情報がニュースで入ってくるので、こういうタイトルはどうかなという感じ。深い意味を話しちゃうのは野暮なんで内緒にしときますわ。どういう内容の映画か想像してください」と笑いながら答えてくれた。

ユーモアたっぷりの架空映画の絵看板。掲出した理由は、映画館が休業することによる看板職人の廃業危機を救うこと、そして劇場の士気をあげることだ。

「世の中が暗いので遊び心を出したかった。このやり方はうちしかできないけど、一方で映画館全体としては、こういう現状であっても毎日、劇場内を掃除したり、いつでも興行を再開できるようにしておくこと。希望を持って日々を過ごすことが大切。映画の仕事にかかわらず、何もしなかったら萎えてしまうのは当たり前。何か、自分なりにできることを探して仕事をするべきだと思います」と冨岡支配人は語る。

今後も、架空映画の絵看板の制作案はあるそうだが、「ネタを明かすとおもしろくないから秘密です。ただ、こう見えてもタイトルのバランスを考えてやっているんですよ(笑)。ひとつがアクションだったら、あとはサバイバルと人間ドラマの3本立てにしようとか。次はもっとバラエティに富んだジャンルの絵看板をやりたいですね」と声を弾ませた。

取材・文/田辺ユウキ 写真/バンリ

「新世界国際劇場」

住所:大阪市浪速区恵美須東2−1−32

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本