ブルーライトで応援、神戸市が医療関係者に感謝表明

2020.4.15 14:00

メリケンパーク内(神戸市中央区)の「BE KOBE」モニュメント

(写真3枚)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、最前線で戦ってくれている医療関係従事者。そんな彼らに感謝の気持ちを表すべく、4月16日から神戸市内の各施設にてブルーライトが点灯する。

イギリスではバルコニーや窓から拍手、アメリカではビルが青色のライトアップ、ブラジルでは「コルコバードのキリスト像」に医師の白衣が投影されるなど、リスクを背負ってコロナウイルスに立ち向かう医療関係者への感謝のメッセージが世界中に広がっている。

神戸市でも、中央市民病院などで医療関係者の感染が確認されるなど、常にリスクと背中合わせの状況。それにもかかわらず、最前線で奮闘してくれている医療関係者への感謝を表すべく、神戸市ではブルーライトアップを実施するという。

場所は、メリケンパーク内の「BE KOBE」モニュメントのほか、フラワーロード、モザイク大観覧車、神戸ポートターミナル、かもめりあ(中突堤中央ターミナル)、錨山、明石海峡大橋、神戸市立博物館などを予定。モザイク大観覧車では「ありがとう」のメッセージも発信される。

ライトアップ時期は、4月の木曜日(16日・23日・30日)の日没以降。また、この取り組みに賛同してくれる人に対して、「#LightItBlue」の投稿も呼びかけている。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本