京都の老舗クラブの支援要請に大反響、DJからも応援の声

2020.4.9 21:00

4月いっぱいの休業を発表した「京都クラブメトロ」

(写真4枚)

京都の老舗クラブとして知られる「CLUB METRO」(京都市左京区)が7日、4月いっぱいの休業を決定。それと同時に、同クラブ存続のためのクラウドファンディングを起ち上げたことを発表した。

2020年4月で30周年を迎える同クラブ。1990年のオープン以来、のべ150万人以上を動員するとともに、大沢伸一、田中知之、くるり、the brilliant greenら人気アーティストを数多く輩出してきた。

プロデューサーの林薫さんは、「見通しも立たない中、店舗存続が困難に陥り、閉店の選択肢もよぎる状況となってしまった為、大変心苦しいお願いではありますが、皆様からのご支援を緊急で募らせていただくこととなりました」とコメント。存続のための支援プロジェクトを7日に起ち上げた。

30年前、初めて主宰パーティを同クラブでおこない、FPM名義で世界的に活躍する田中知之も、「DJ田中知之やFPMを生み落としたのは紛れもなくこのCLUBです。もしも私の様にMETROを大切な存在だと思ってくれるのならば、少しばかりのお力を貸していただけないでしょうか?」と支援を訴えた。

起ち上げからわずか2日で、1200人超が支援に名乗りを上げ、目標額の400万円の倍以上の約920万円が集まっている。リターンには、10万円(すべてのイベントに入場できる権利+各2ドリンク付き)や3000円(同額分の引き換え券)などを選択できる。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本