京の高級ホテル、贅沢気分なお重ランチ開始

2020.3.10 08:00

「ランチボックス」4500円(税サ別)。魚介のメインディッシュは北海道産帆立貝と春野菜、パセリバター(写真のメニューは5月下旬まで)

(写真6枚)

京都のラグジュアリーホテル「パーク ハイアット 京都」(京都市東山区)が、ホテルの空間を気軽に楽しめるよう、お重に入った「ランチボックス」を3月6日からスタートした。

「ハイアット ホテル アンド リゾーツ」の最高級ランクである「パーク ハイアット」として、2019年10月にオープンした同ホテル。老舗料亭「山荘 京大和」の敷地内に位置し、少数のゲストをパーソナルなサービスでおもてなしするスタイルが魅力となっている。

今回のメニューは、家のようにくつろいでほしいという思いから、「リビングルーム」と名付けられたロビーラウンジで提供。広報の中尾海音さんは「当ホテルはゲストハウスというスタイルを大切にしているので、日本の家庭でなじみのあるアイテムで私たちらしさを表現したかった」と、今回のランチをスタートした理由について説明する。

「カラフルでフェミニンな料理」をテーマに登場するのは、季節ごとの国際色豊かなメニュー。お重の上段には前菜2種と季節のサラダ、下段には魚介と肉から選べるメインディッシュが詰め合わされている。オーダー後にひとつずつ準備するため、出来たてを味わえるのが魅力だ。料金は4500円(税・サ別)、提供時間は12時〜14時。

取材・文・写真/中河桃子

「パーク ハイアット 京都」

住所:京都市東山区高台寺桝屋町360
電話:075-531-1234

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本