勇退みのもんたに感謝の久本、自身は「往生際悪いでしょう」

2020.2.29 20:00

「もう立てられへんやん!言うても、しゃべれる〜、大丈夫や〜!言うてやってると思います」と久本(2月29日・大阪市内)

(写真5枚)

エンタメ集団「ワハハ本舗」が、3年ぶりの全体公演『王と花魁』を5月から上演。29日、大阪市内で本公演の会見をおこなった久本雅美が、3月いっぱいで『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)を勇退するみのもんたへの思いを話した。

「本当に長い間お世話になりましたし、尊敬する大先輩。みのさんから学んだことは、本当に大きい。私を好きなように遊ばしてくださる大きな心と、いつも見守って自由にさせていただいた。感謝しかないですね」と久本。

「勇退されますけど、みのさんはまだまだお元気。これからどうされるか私も楽しみですし、またご一緒できることを楽しみに、励みに精進させてもらいたい」とエールを送った。

実は、久本が所属するワハハ本舗は、3度のラスト公演をおこなったにもかかわらず今年復活。みのの勇退に対して、「ワハハは往生際悪いでしょうね(笑)。うちの劇団員ってワハハが好きなんですよ。ですから体が動くまで、口がしゃべれるまで、舞台に立てるまでやり続ける」と笑う。

自身は61歳の久本。「60歳を超えた創立メンバーばかりですけれども、なんとかみんな舞台に立てられる。それぞれ、あちこち痛いとか、何かの薬飲んでるとかありますが、みんながそろっていられるのはありがたいなって、60歳過ぎてから言うてるんですよ」とも。

「あと何年できるかって言うのは私たちもわからないですけど、できる限りできるところまで。ワハハ本舗の、『何があっても、どんなことがあっても、どんな手を使ってでも笑わせる』っていう、そういう笑いの場はなくしたくない」と、意気込みを話した。

本公演は、日本伝統芸能をワハハ流にアレンジしたエンタメショー。若手の劇団員も出演するが、「柴田(理恵)と2人で122歳!(笑)このババア2人がどこまでパワフルに暴れられるか、楽しみにしていただきたい」と創立メンバーの頑張りもアピールした。

5月の東京公演を皮切りに全国18カ所を回り、関西では6月13日に「神戸国際会館こくさいホール」(神戸市中央区)、翌14日に「フェニーチェ堺」(大阪府堺市)にて開催。チケットはS席8800円、A席7800円で、3月1日に発売される。

WAHAHA本舗全体公演『王と花魁』

日時:2020年6月13日(土)・18:00〜
会場:神戸国際会館こくさいホール(神戸市中央区御幸通8-1-6)
日時:2020年6月14日(日)・18:00〜
会場:フェニーチェ堺(大阪府堺市堺区翁橋町2-1-1)

料金:S席8800円、A席7800円
電話:0570-200-888
チケットは、2020年3月1日(日)に発売

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本