大沢たかお、ハードなロケ振りかえる「ずっと走ってた」

2020.2.5 21:00

映画『AI崩壊』の舞台挨拶に登場した大沢たかお(5日・大阪市内)

(写真7枚)

AIを題材に描いたサスペンス映画『AI崩壊』の舞台挨拶が5日、大阪市内でおこなわれ、主演の大沢たかお、岩田剛典、入江監督が登壇した。

AIが国民生活に浸透した2030年の日本が舞台の本作で、自身が開発したAIが暴走し、テロリストとみなされ逃亡者となる科学者・桐生浩介を演じた大沢。桐生の壮大な逃亡劇でもあることから、日本各地で撮影がおこなわれ、大阪にも訪れたという。

しかし、ロケ地は寝屋川の地下河川。入江監督は「何キロも続く地下道を大沢さんが走ってて。ようやく大阪の地上に出てこられてうれしい」と喜び、大沢も舞台挨拶に集まった大勢の観客を前に、「地下をずっと走ってました。今、大阪ってこんなに人がいたんだなって(笑)」と驚いた。

新世界での写真を公開された大沢たかお(中央/5日・大阪市内)

2カ月の撮影期間中、1日だけ休みの日があり、大阪の観光名所・新世界を訪れたという大沢。スクリーンにそのときの写真が映し出され、「あまりにもスタッフみんなの疲れやストレスがたまってたので、通天閣近くの鉄板焼きに行きました。思い出の1枚ですね」と、唯一の休息を振りかえった。

映画『AI崩壊』

2020年1月31日(金)公開
監督・脚本:入江悠
出演:大沢たかお、賀来賢人、岩田剛典、広瀬アリス、髙嶋政宏、芦名星、玉城ティナ、余貴美子、松嶋菜々子、三浦友和ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本