現役引退のトンプソン選手、大阪に感謝

2020.1.28 18:35

大阪府の吉村知事から『感動大阪大賞』を受け取るトンプソンルーク選手(1月28日・大阪府庁)

(写真3枚)

大阪府が1月28日、ラグビー日本代表として活躍した選手らに『感動大阪大賞』を贈呈。「大阪府庁」(大阪市北区)で贈呈式がおこなわれ、今シーズン限りで引退したトンプソンルーク選手が、「14年間応援していただき感謝している。この賞を本当に誇りに思う」と笑顔を見せた。

ニュージーランド出身のトンプソン選手は2004年に来日した後、2006年に近鉄ライナーズに所属。以来、ずっと同チームでプレーを続け、2010年には日本国籍も取得している。

また、ラグビーW杯には2007年から4大会連続で出場するベテラン。W杯を終えた日本ラグビー界について、「ファンの人たちの応援にとても感謝している。日本のチームは自信がついた。観客の期待も高くなっているから、もっとレベルアップが必要」と期待を込めた。

引退後はニュージーランドで牧場経営をする予定というトンプソン選手。「大阪のみなさん。14年間、近鉄ライナーズを応援していただき、どうもありがとうございました」とメッセージを送った。

取材・文・写真/岡田由佳子

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本