宮沢氷魚「当たり前の恋愛が描かれている」

2020.1.24 22:00
  • 撮影風景を思い出し「頭をぶつけたときは、本当に痛かったんですよ」と語る宮沢氷魚
  • 2人が久々に出会うシーンでは、「もっと距離がある演技が必要なのかな、と思っていたんですが、(藤原)季節くんがスッと近寄ってくる感じが、実に自然で。そこに引っ張られましたね」と宮沢
  • 宮沢演じる迅、藤原季節演じる渚と、娘・空役の外村紗玖良 Ⓒ2020映画「his」製作委員会
  • 「これがLGBTQの映画というカテゴリーではなく、恋愛映画のひとつとして楽しんでもらえるようになってほしい」と宮沢
  • 「お会いする人々から、学ぶことが本当に増えました」と宮沢
  • 「小さいころは近所の子どもたちにからかわれるため外出するのも苦手だった」という宮沢。そういう周囲の視線は、今回の役に通じるものがあったという
  • 撮影風景を思い出し「頭をぶつけたときは、本当に痛かったんですよ」と語る宮沢氷魚
  • 2人が久々に出会うシーンでは、「もっと距離がある演技が必要なのかな、と思っていたんですが、(藤原)季節くんがスッと近寄ってくる感じが、実に自然で。そこに引っ張られましたね」と宮沢
  • 宮沢演じる迅、藤原季節演じる渚と、娘・空役の外村紗玖良 Ⓒ2020映画「his」製作委員会
  • 「これがLGBTQの映画というカテゴリーではなく、恋愛映画のひとつとして楽しんでもらえるようになってほしい」と宮沢
  • 「お会いする人々から、学ぶことが本当に増えました」と宮沢
  • 「小さいころは近所の子どもたちにからかわれるため外出するのも苦手だった」という宮沢。そういう周囲の視線は、今回の役に通じるものがあったという
(写真6枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本