大正の街をつなぐ、食充実の新施設が誕生
2020.1.16 7:00

「京セラドーム大阪」からすぐの尻無川の河川敷に、複合施設「TUGBOAT_TAISHO(タグボート大正)」(大阪市大正区)が誕生。1月18日に第1弾としてフードホールをメインとしたエリア、ライブスペースがオープンする。

尻無川の河川敷にオープンした「TUGBOAT_TAISHO」(大阪市大正区)画像一覧

同施設は飲食店を多く展開するRETOWNが運営。代表取締役・松本篤さんは、「地元の施工業者や町工場の方々、大阪を拠点とするクリエイターに分離発注をおこない、『つくるがまじわる』というコンセプトを開業前から意識してきました。ここが大正区の2大要素である『水辺』と『ものづくり』という特性を今の時代に合わせて進化できるきっかけとなって、大阪・ベイエリアをもっと活性化させたい」と意気込む。

国産フルーツを使ったサワー専門店、神戸の人気店による担々麺などが集まるフードホール「新カモメ食堂街」(フードホールの営業時間は16時〜23時、土日祝は11時〜)画像一覧

1階のフードエリアには、ピッツアの船上レストランやベーカリーカフェが並び、2階には地元で人気の沖縄酒場やバーが移転オープン。また、気軽に利用できるフードホールには、自分で焼く焼き鳥や、ミシュラン・ビブグルマン(価格以上の満足感が得られる料理)受賞の神戸の担々麺、中央卸売市場直送の海鮮&天ぷら、裏なんばの人気韓国立ち吞み、関西風出汁&ワインなど、大阪に拠点を構える店や大阪産の食材にこだわった10の専門店がそろう。

「THE MARKET BENTO」では農家さんに会えるポップアップイベントなども実施される予定画像一覧

フードホール奥には、ET-KINGが所属するプロダクション「BARIKI」が共同運営するライブステージが併設され、無料で開放。若手アーティストは赤字リスクを気にせず、場数をこなすことができる。今後、ワークショップ施設と「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」までの定期船が走る第2期エリアが今春に、川に浮かぶホテルが今夏に第3期エリアとして開業予定。

【フードエリア店舗一覧】ピッツェリア・ダ・ドッツ(ピッツァ船上レストラン)/モンディアルカフェ328タグボート(ベーカリーカフェ)/シーガルダイナー(バーガースタンド)/あやバカ一代。(焼鳥酒場)/POTALU(クラフトポテト専門店)/THE MARKET Sour Lab.(サワー専門店)/ビアスタンド マルカ(クラフトビール専門店)/KOBE ENISHI(担々麺専門店)/イチバノチカラ(海鮮・天ぷら)/アトリエスタ食堂(出汁・野菜・ワイン)/たこ焼き くれおーる(たこ焼き・焼きそば・鉄板焼き)/笑酔人(韓国立ち吞み)/SUNSET2117(ライブ&バー)/大正いやんばかん(スナック)/沖縄酒場きじむなーの森(沖縄料理)

「TUGBOAT_TAISHO(タグボート大正)」

住所:大阪市大正区三軒家西1-1-14
営業:店舗により異なる
URL:https://tugboat-taisho.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ