ジュニアの発案「バイトテロ」がドラマに

2020.1.12 12:00

左から、大東駿介、千原ジュニア

(写真2枚)

2010年の放送スタートから10年目を迎える千原ジュニア主演ドラマ『新・ミナミの帝王』のシリーズ第18作『バイトテロの誘惑』(カンテレ)が1月13日に放送される。

このドラマは、原作・天王寺大、萬画・郷力也の漫画『ミナミの帝王』(週刊漫画ゴラク連載中)を実写化した作品で、ジュニアが大阪ミナミの金貸し・萬田銀次郎を演じる。

ジュニアは、テーマを思いついた経緯について「バイトテロって、ちょけた大学生とかフリーターのバイトがやってるだけなのか?と思ったんですよね。実はそれを利用して株式操作で儲けてる黒幕がいるんちゃうかなって思いまして。そんな話を作家さんとしたのをスタッフが雑誌で見て、ドラマになったんです。役者とは別にギャランティーをいただかないとね(笑)」と語った。

物語では、銀次郎(千原ジュニア)の顧客である、喫茶店チェーンを営む北川(福田転球)がバイトテロにより、倒産にまで追い込まれてしまう。客に出すコーヒーにアルバイト店員が悪ふざけでいたずらをする動画がSNSに投稿されたのだ。銀次郎は、依頼人が借金せざるを得なくなった問題に切り込んでいく。この模様は、1月13日・午後3時20分から放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本