花組・瀬戸かずや、東野圭吾作品で洗練の技

2020.1.5 17:50

ほぼ出ずっぱりで新田浩介を演じた瀬戸かずや。冒頭の一匹狼風のナンバーから、抜群のスタイルと表現力で惹きつける

(写真5枚)

東野圭吾の人気小説を初舞台化した『マスカレード・ホテル』が、「梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ」(大阪市北区)で1月5日に開幕。入団16年目の宝塚歌劇団花組男役スター・瀬戸かずやが、同劇場での初主演に挑み、眼光鋭く心根はまっすぐな主人公・新田浩介を存在感たっぷりに演じた。

都内で起きた連続殺人事件を解決するため、一流ホテルに潜入する刑事・新田浩介。瀬戸は、仕方なくフロントクラークに扮する新田の苦々しい思いを、ロックな歌で表現。次第にホテルマンの品格を備えてスマートさに磨きをかけていくなど、男役の技を駆使して魅力的な人物像へと膨らませた。

新田の教育係で、ホテルマンとしてのプライドを立ち姿にまで表したのが、山岸尚美役の朝月希和(あさづき・きわ)。雪組から古巣の花組へと戻ってきた第1作目で、彼女も娘役として培った実力を大いに発揮。意見が衝突していた新田に信頼を寄せていく心情を、細やかにみせる。

新田(瀬戸)と山岸(朝月)はホテルを訪れる個性的な客人への対応と同時に、事件解決に向けて絆を深めていく
新田(瀬戸)と山岸(朝月)はホテルを訪れる個性的な客人への対応と同時に、事件解決に向けて絆を深めていく

意表を突いたのが、新田の相棒である能勢巡査を演じた飛龍(ひりゅう)つかさ。登場するだけで場を明るくする、陽のキャラクターで作品に弾みを与えた。ほかにも温かい総支配人役の専科・汝鳥 伶(なとり れい)、個性あふれる宿泊客として高翔みず希(たかしょう みずき)、音くり寿(おと くりす)、真摯なベル・キャプテン役の帆純(ほずみ)まひろらが、原作をリスペクトする演技で、手に汗握る物語を引っ張った。

伝統的な「花男(花組男役)」のプライドが炸裂するような、男役群舞をたっぷりと見せるフィナーレ
伝統的な「花男(花組男役)」のプライドが炸裂するような、男役群舞をたっぷりと見せるフィナーレ

作品タイトルになっている「マスカレード=仮面舞踏会」を連想させる場面は、タカラヅカならではの華やかさ。ベテラン演出家・谷 正純は、クラシカルな良さを織り交ぜてフィナーレまで魅せてゆく。ドラマティックな楽曲、清々しいラストシーン、燕尾服での男役群舞など、「東野圭吾作品をタカラヅカで満喫した」と思わせる要素が満載だ。

大阪公演は1月13日まで。その後、「日本青年館ホール」(東京都新宿区)にて1月20日~27日まで上演。チケットは完売。

取材・文/小野寺亜紀

宝塚歌劇花組公演 ミステリアス・ロマン『マスカレード・ホテル』
~原作 東野圭吾「マスカレード・ホテル」(集英社文庫刊)~
日程:2020年1月5日(日)~1月13日(祝・月)
会場:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ(大阪市北区茶屋町19-1)
料金:全席指定8000円
電話:06-6377-3888(梅田芸術劇場)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本