萩尾望都「ずっとエドガー描き続けたい」
2019.12.5 20:00

漫画家の萩尾望都が12月4日、百貨店「阪急うめだ本店」(大阪市北区)のトークイベントに登壇。名作『ポーの一族』や漫画家としての50年を語った。

笑いが絶えない1時間のトークを披露。感動のあまり、涙する人も少なくなかった
笑いが絶えない1時間のトークを披露。感動のあまり、涙する人も少なくなかった。Ⓒ萩尾望都/小学館画像一覧

同日からはじまった企画展『デビュー50周年記念 「萩尾望都 ポーの一族展」』を記念して、「NHK文化センター梅田教室」により企画された今回のトークイベント。申し込み日には定員400名の席がほぼ満席になるほど人気となった。

大阪の吹田市に中学生2年から3年半住んでいたこともあり、萩尾は「みなさん洗練されておりまして、カルチャーショックを受けました。大阪ですごいなと思ったのは、笑いの文化ですね」と当時を振りかえった。

トークでは、参加者から届いた多数の疑問や質問に、お茶目なエピソードを交えて丁寧に返答。1976年に連載を終了し、2016年に復活した『ポーの一族』に登場するエドガーとアランの今後について、「企業秘密です」としつつも、「でも、ずっと描こうと思います。なんとか2人には幸せになってほしい」と会場に向かって約束した。

「汚いものも描きますが、美しいものが好きです」と話す萩尾望都(右)。Ⓒ萩尾望都/小学館
「汚いものも描きますが、美しいものが好きです」と話す萩尾望都(右)。Ⓒ萩尾望都/小学館画像一覧

また、宝塚歌劇団で実現した公演に話が及ぶと、長年オファーを受けていた演出家の小池修一郎先生から「エドガーみたいな子を見つけた」と言われたのがきっかけだったと明かす。実際に、当時の男役トップスター明日海りおがエドガーに扮する姿を見て、「膝から崩れ落ちそうでした。エドガーが目の前にいる。ウソー!」と当時の衝撃をうれしそうに話した。

企画展については、「会場ではイントロダクションとして、窓が開いていて、カーテンが揺れている。そのままスッと『ポーの一族』の世界に入りやすい造りになっています。ほかにも初期の作品や、だれが塗ったの?というカラー原画とかありますから。下手でもだんだん上手くなることがあるんだな〜って、ツッコミを入れながら見てください。それなりに楽しんでいただければうれしいです」と朗らかに締めくくった。開催は12月16日まで、入場料金は一般800円ほか。

『デビュー50周年記念 「萩尾望都 ポーの一族展」』

期間:2019年12月4日(水)~16日(月)※会期中無休  
時間:10:00~20:00(金土曜~21:00、最終日~18:00)※入場は閉場30分前まで 
会場:阪急うめだ本店9F阪急うめだギャラリー(大阪市北区角田町8-7)
料金:一般800円、学生600円、小学生以下は無料・同伴必要
電話:06-6361-1381
URL:http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ