セリ&卸しを体験、ざこばの朝市が大阪で

2019.11.20 12:00

過去に開催された「ざこばの朝市」の様子

(写真1枚)

自然の恵みについて知る食育イベント『ざこばの朝市』が、今年も「大阪市中央卸売市場」(大阪市福島区)で11月23日に開催。新イベント『世界の数の子博』との同時開催でおこなわれる。

大衆魚を扱う魚市場「雑魚場」から名前がついた同イベント。海の恵みの大切さをより多くの人に知って欲しいと、卸売市場の仲卸の有志たちがはじめ、今回で38回目を迎える。市場ならではの魚を使った企画に注目が集まり、いまでは毎回1万人が来場するほど人気のイベントとなった。

当日は、魚まるごと1匹をセリ落とす体験ができる「大セリ大会」や、高級な車エビを釣り上げ、持ち帰ることができる「車エビ釣り」など、毎年人気の企画が勢揃い。さらに、教えてもらいながら魚を調理したり、魚の販売体験を通して海の恵みを学ぶ「職業体験」などの子ども向け食育コーナーも。すべて入場無料で楽しめる。

また、同時開催される『世界数の子博』では、4000本の数の子を振る舞う無料試食会が開催。本当に美味しい数の子を食べてもらうことで、「正月に子孫繁栄を願って数の子を食べる」という文化を復活させたいという狙いだそう。イベントは朝8時から昼2時まで。詳細は公式サイトにて。

『第38回 ざこばの朝市』

日時:2019年11月23日(祝・土)・8:00〜14:00 ※雨天決行
会場:大阪中央卸売市場(大阪市福島区野田1-1-86)
料金:入場無料

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本