マーベル最新作、来年5月に日米同時公開
2019.11.13 18:00

『アバター』を抜いて興行収入歴代1位を記録した、マーベル・スタジオの『アベンジャーズ/エンドゲーム』。その最新作として、人気キャラクターの過去と秘密を描く『ブラック・ウィドウ』が来夏、日米同時公開されることが決まった。

映画『ブラック・ウィドウ』限定ポスタービジュアル画像一覧

万能な戦闘スキルとタフな精神を身につけた世界最高のエージェントであり、過酷な訓練によって育てられた超一流の暗殺者であるブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフ。2010年の『アイアンマン2』に初登場以来、これまで7本の作品で活躍しているが、『アベンジャーズ/エンドゲーム』ではチームのために自ら崖に身を投じた。

そんなナターシャを主人公にした最新作は、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長らによると、2016年公開の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』直後の時代を背景に、ナターシャの因縁の地であるブタペストが舞台のひとつとなるという。また、新キャラクターでありナターシャの妹分とされているエレーナの登場も明かされ、世界中が大きな期待を寄せている。公開は2020年5月1日。

映画『ブラック・ウィドウ』

2020年5月1日(金)公開
監督:ケイト・ショートランド
出演:スカーレット・ヨハンソン、レイチェル・ワイズ、ほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
© 2019 MARVEL

  • facebook
  • twitter
  • はてブ